HOME>記事一覧>スキルやスコアアップに語学力を養うことができる

スコアアップに利用

握手

民間の英語検定問題が学習塾などの教育業界で話題の中、渋谷の語学学校では、検定試験に向け、英語を学ぶ幅広い年代の方々がいます。ビジネス英会話のみならず、必須スキルとなる英語スコア730点を突破したい、そうしたスコアアップに利用されています。もちろん、中・高・大学などでも600点という最低限のスコアを突破できるために英語学習があります。各パートのスコア構成をイメージして、戦略を立てたり、解答時間のスピード感を養う(タイムマネジメント)目的で利用されているのも確かなようです。模試、解答と解説、こうしたことができるのも学校ならではでしょう。もちろん、日本語、外国語教師(講師)が担当してくれるからこそ、丁寧に指導を受けられるようで、少人数制の教室が利用されています。

ジェスチャーも学べる

語学学校の中でも、渋谷校においては英語を習得する若者が増加傾向です。特に、高校・大学からの復習の目的も兼ねているようで、就職・転職を有利に進めるために利用しています。社会人になってから改めて気づかされるのは、語彙力やマナーでもあるようです。人に聞くことが恥ずかしいからこそ、聞くのが当たり前の学校教育で「理解し直す」ことができる、そうした意味合いからも利用されています。人間関係を築くことも積極的な渋谷の若者にとっては、人との出会いに大切な第一印象について再確認できる点でも活用しているようです。英語での表現には、表情、仕草などのジェスチャーなどもあり、英語教師からはそうした身振り手振りまで教わるからこそ、豊かな人間関係を構築できるといいます。